木曽木材工業協同組合として共同受注した製材品の実績は
明治神宮用材】【湯島天満宮用材】【上高地ビジターセンター用材】【錦帯橋用材】【大洲城用材
【天理教用材】【伊勢神宮用材】等、由緒ある建造物の納材に携わってきました。
関係組合員の英知を結集して納材した製品はいづれも素晴らしい建造物として誇れるものがあります。

木曽材について

木曽ヒノキ

 
 
 

300年も大切に育てられた木曽ヒノキは、最もすぐれた性質を備えた木材です。日本を代表する木材の王様ですから製材も丁寧に行われます。
色合い、香り、木肌、木目を活かす建築の化粧的な用途に広く用いられており、構造耐力もすぐれているので住宅の柱、土台、浴室まわりにも多く使われています。

【特選材】の柾盤・板目盤・柾平・厚板。
【造作材】の化粧柱・敷居・鴨居・廻縁・長押・天上竿・縁甲板。
【構造材】の柱・土台・長柱
さらに優良な木曽ヒノキの【建具材】も大量に製材され製品となっております。


木曽サワラ

 
 
 

木曽のサワラといえば特に柾目・色合いも美しく重宝される建築内部の造作材です。
加工が容易で、美しい用材が取れるのも特徴です。
また水質に良く耐えることから浴室、浴槽材としても多く利用され、木曽サワラのお風呂は最高の名声が昔からうたわれております。
割裂性が良いなどの性質から、桶、網代、屋根板などの加工品用材として活かされています。
木曽サワラの【造作材】は、柱、鴨居・廻縁・天上竿・長押・天井板・建具材として製材されています。


きそひのき

 
 
 

苗木を植え、人の手によって育成された樹齢80年前後のものを「きそひのき」といいます。
現在は造林され伐採の時期となったヒノキが工場へ送られ、建築材として製品になっております。
人工林ヒノキは、径の太さ、均一の質を多量に揃え供給できるメリットがあります。
人工林ヒノキの製材品は、主に 【構造材】として柱・土台・根太材・小割材・間柱に用いられています。



製材について

 
 
 

木曽ヒノキは、素材の形状や欠点の性質、年齢や木肌の状態など、外観はもちろん内部の状態まで推測し、径の太さにあわせて製材されます。
そして、製材品を上小節以上の役物(節・割れなどの欠点が少ない)を採る木取りを考え、製材中に節や欠点が出現すると、次の附加価値の高い製品へと材長や木取りをその場で変更して作業をします。
製材には、どのような原木からどのようにして何を木取れるかを原木の状態を見て正確に判断することが大切で特に深い経験と高度な判断力が要求されます。


木取り

 
 
 

何百年もの時と木曽特有の気候風土で育て上げられた大切な資源ですから、製材過程でそれぞれの木の特質に合った合理的な取り方や寸法によって無駄なく挽かれます。
これを“木取り”といいます。



【製材種と主な用途】


【化粧等級】
●径40cm以上の原木
良材を選び、芯を抜き板目盤、柾盤、柾平などが製材されます。
 
●径30〜38cmの原木
芯を抜いて良材部から造作の柱、鴨居を取り、アテや節の多い部分は、これをさけて3.4cm厚の柾平を採材します。
 
●径20〜28cmの原木
四つ割り木取りを基本として、外周部から廻縁、鴨居を取ります。
 
●末口径18cm以下の原木
主として芯持ち角の一丁取り。

木曽ヒノキの附加価値をより高めて製材するためには

 
 
 

無節物を“いかに長く、いかに幅広く、いかに目を通して取るか”が基本です。
製材種としては無節で、(1)〜(6)の順に材の良質部から最材しています。
(1)目の美しく通った集成材化粧用つき板向けの厚板
(2)利用者がさらに加工する半製品の盤、板類
(3)柱角
(4)鴨居、廻縁、天上竿の化粧造作材
(5)建具用材
(6)端材から木工用材


安定した品質をお届けします

 
 
 

木曽製材品の大部分は、住宅建築用に使われていますので、木曽ヒノキの製材には長年の経験と厳しい製品のチェックにより、信用と折紙つきの製品を安定した品質でお届けしています。
構造材は耐力上欠点のないもの、寸法や形状にムラがあったり狂いがあればたいへんです。
だからこそ、挽き方ひとつにも技術が要求されます。
一見自動装置で簡単に挽かれるように見えますが、用途別や寸法などあらかじめ各規格が定められえており、それに基づいて製材されています。

寸分の狂いもない安定した製品をお届けするために徹底した品質管理が、木曽材の信用される理由なのです。


信州木材製品認証工場としてみとめられています

 
 
  信用ある良材をお届けするために木曽では厳しいチェックのうえで安定した品質づくりに努めています。
木曽の製材工場は、設備や生産能力、品質管理や作業上の安全基準など、信用のおける信州木材製品認証工場としてみとめられています。
寸分の狂いもない安定した製品をお届けするために徹底した品質管理が、木曽材の信用される理由なのです。